「子どもの貧困」サポート情報提供ホームページ

家庭に居場所のない子ども・若者への支援(相談先の情報)

家庭で安心して過ごせなかったり、学校や仕事がうまくいかなかったりして悩んでいる子どもや若者は多いことと思います。とくに、家庭の中で、保護者に受け入れられていないと感じていたり、保護者から虐待や暴力などの被害を受けていたりすると、家庭にいることがつらくなります。そのようなときには、助けを求めて相談をしてほしいと思います。もしまわりに、そのような悩みを抱えている友だちがいたら、相談してみたらと伝えてあげてください。

家庭内で居場所が見つからないために、家族以外の人のところで過ごしたりすることがあるかもしれません。信頼できる人が見つからず、逆に思いがけない被害にあったりすることもあるかもしれません。居場所や住まいがない子どもや若者を支えてくれる信頼できる場がありますので、ぜひ頼ってほしいと思います。

相談できるところとしては、以下のところがあります。

☆あなたが18歳未満の場合
お住まいの地域の児童相談所にご相談ください。お話をお聴きした上で、必要な場合には一時保護(家族と離れて生活できる)をしたり、ほかの相談場所を紹介してもらうことができます。

〇全国の児童相談所の連絡先一覧
https://www.mhlw.go.jp/mobile/m/jidousoudan/tihoubetu.html

☆あなたが18歳以上の場合
以下のような相談の場があります。これらの場所には18歳未満の方でも相談することができます。

〇弁護士会の相談窓口
各地域の弁護士会が、相談窓口を開設しています。お住まいの地域の弁護士会相談窓口に電話してみてください。

弁護士会の子どもの人権相談窓口一覧
https://www.nichibenren.or.jp/library/pdf/legal_advice/search/191219_kodomo_madoguchi.pdf

〇子どもシェルター
「家にいられない事情があって、もう帰りたくない」など10代後半の子ども・若者が緊急に駆け込むことができる居場所があります。現在全国に20か所の子どもシェルターが活動しています。いずれも弁護士会への相談を通して利用ができます。費用はかかりません。また、場所は秘密にされます。利用したい場合は、下記の一覧から、お住まいの地域の子どもシェルターの情報を確認して、地域の弁護士会に相談してください(詳しくは、本情報提供サイトの子どもシェルターの項目を参考にしてください)。

子どもシェルター全国ネットワーク会議加盟団体一覧
http://carillon-cc.or.jp/meeting/

〇民間の支援団体
☆一般社団法人Colabo
中高生世代の10代女性を支える活動をしています。相談、食事提供、シェルターでの宿泊支援、シェアハウスの運営、10代の女性たちによる活動、講演・啓発活動などを行っています。

https://colabo-official.net/

☆特定非営利活動法人BONDプロジェクト
10代20代の生きづらさを抱える女の子のための女性による支援をしています。相談、シェルターでの一時保護、カウンセリングなどを行っています。

https://bondproject.jp/

〇社会的養護から巣立った若者への支援
里親や児童養護施設等を退所した後で、生活上の悩み、あるいは仕事や人間関係のことで悩みを抱えることがあります。住む場所を失って行く当てがない場合もあるかもしれません。社会的養護を巣立った方が安心して集える場所を運営し、生活などの相談に応じているアフターケアの団体がありますので、そのような時には相談してください。

全国のアフターケア事業所情報
https://enjunet.org/aftercare/#network

支援制度を探す

※このホームページは独立行政法人福祉医療機構の助成を受け、「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワークが作成しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このホームページについて

このホームページは、貧困・低所得の状況に置かれた子ども・子育て家庭が活用できる制度/施策について掲載しています。子どもの貧困に関連する諸制度について包括的に掲載することを目的とし、また、当事者にわかりやすい文体・内容で情報を掲載しています。

※このホームページは独立行政法人福祉医療機構の助成を受け、「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワークが作成・管理しています。

キーワード検索

アクセスカウンター

本日のアクセス数:51
合計アクセス数:1265936